RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/01/10 15:17 政治・経済

宮古島市長選告示 現職と新人の一騎打ちに

 宮古島市長選挙が10日告示され、現職と新人の2人が立候補しました。

 宮古島市長選挙には、届け出順に社民・社大・共産・立民が推薦する前の県議で新人の座喜味一幸さんと、自民・公明が推薦する現職の下地敏彦さんの2人が立候補しました。

「市民の力で市政を変える。市民の声が市政を動かす。市民主役の市民主体の市民の声の届く市政を座喜味は間違いなくやる」
(新人・座喜味一幸候補)

「いま宮古島はどうしても必要な社会資本の整備はできあがりました。次はこれを利用して、市民の皆さんが豊かに暮らせるような施策をしなければなりません」
(現職・下地敏彦候補)

 宮島市長選挙は現市政の継続か刷新かを最大の争点に今月17日に投開票され、11日からは期日前投票がはじまります。