RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/05/04 18:32 新型コロナ 最新ニュース

新たに33人感染 変異ウイルスへの移行進む

県内では4日、新たに33人の新型コロナウイルス感染が確認されました。県は、従来型よりも感染力の強い変異ウイルスの割合が高まっているとして警戒を呼び掛けています。

新たに感染が確認されたのは10代から90代の男女33人です。
居住地別でみると那覇市が20人と最も多く、年代別では30代が9人などとなっています。
また先月28日から30日までに感染が確認された84人の検体のうち、59・5パーセントにあたる50件の検体が変異ウイルス「N501Y」だと確認されたということです。
これで県内の「N501Y」の感染者の累計は249人となりました。
県は変異ウイルスの割合が高まっていることから県内の感染は従来型から変異ウイルスに置き換わる途中にあるとしています。
変異ウイルスは子どもへの感染力が従来型よりも強いほか、重症化しやすく集団発生が起こりやすいとされていて、県は連休中の感染対策が特に重要だとしています。
このほか新たなクラスターも確認されていて、時短営業要請に応じていない那覇市のバーで従業員5人が感染しています。