RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2020/08/01 18:01 スポーツ

県高校野球 八重山とKBC未来が決勝進出

県高校野球夏季大会は1日、準決勝が行われ、八重山とKBC未来が決勝進出を果たしました。

シード日本ウェルネスと対戦した八重山。9回に追いつき、延長タイブレーク。
3塁2塁のチャンスで、5番伊志嶺がタイムリーヒットを放ちます。

劇的な逆転勝ちを果たした八重山が
32年ぶりに決勝へ駒を進めました。

「相手は自分たちより格上だと思っていたので、でも簡単に負けてちゃ今までしてきた練習の意味がない、泥臭くでもいいから1点ずつ頑張っていこうと話していました」(八重山の内間敬太郎主将)

一方第2試合では、8回に一挙7得点で逆転したKBC未来が初の決勝進出です。