RBC 琉球放送株式会社

新型コロナウイルス特設 Aランチ

RBCニュース

2020/06/26 18:07 政治・経済

知事「辺野古に関する懸念広がった」

名護市辺野古の軟弱地盤をめぐりアメリカ連邦議会の委員会が懸念を示したことについて玉城知事は「アメリカ議会でも辺野古移設に関する懸念が広がった」と述べ今後、訪米も含めアメリカ議会に働きかけていく考えを示しました。

アメリカ連邦議会下院の小委員会は現地時間の23日、「地震の可能性と不安定性の懸念が高まっている」と辺野古沖の軟弱地盤に懸念を示しました。

これについて玉城知事は、「アメリカ議会でも辺野古移設に関する懸念が広がった」と述べ今後、訪米も含めアメリカ議会に働きかけていく考えを示しました。

「沖縄における米軍基地の問題、辺野古新基地建設の抱えている課題について、更に何らかの形で連邦議会議員の理解をさらに進め米国市民にも働きかける機会をつくって訴えていけるよう取り組みたいと思います」(玉城知事)

玉城知事はおととし4月から外科の救急外来の診療制限が続いていた県立北部病院について、今月1日から24時間体制で対応が可能になったことを明らかにしました。
不足していた外科医を増員したもので、玉城知事は北部地域の医療体制の安定につながると期待を示しました。