RBC 琉球放送株式会社

RBCニュース

2021/05/01 17:39 スポーツ 最新ニュース

聖火リレー「最南端」石垣では具志堅さんら

新型コロナウイルスの影響で規模が縮小される中、東京オリンピックの聖火リレーが1日、沖縄で始まりました。

初日の1日は名護市の市民会館でリレーがスタートしました。
沖縄での聖火リレーは新型コロナウイルスの影響でコースが名護市と糸満市、一部の離島に集約されたほか、密集を避けるため、離島を除いて非公開となっています。
1日は日本最南端の会場となった石垣市でも聖火リレーが行われ、ボクシング元世界王者の具志堅用高さんが聖火を運びました。

「無事、聖火が日本の最南端、石垣島へつなぐことができました。みなさんのおかげです、ありがとうございました」(具志堅用高さん)

新型コロナの影響で規模は縮小されましたが、この日を待ちわびていたランナーたちは笑顔で聖火をつないでいました。
2日目の2日は、糸満市摩文仁の平和祈念公園と座間味村でリレーが行われる予定です。