RBC 琉球放送株式会社

新型コロナウイルス特設 Aランチ

RBCニュース

2020/06/24 11:27

5月入域観光客大幅減 落ち込み幅は過去最大に

先月5月に沖縄を訪れた観光客は前の年の同じ月と比べおよそ95%減少し4万4000人となり減少数、減少率ともに過去最大となりました。
県によると先月5月に沖縄を訪れた観光客は前の年の同じ月と比べ79万900人減って4万4000人となり率にして94.7%の減少となりました。
5万人を下回ったのは1976年9月以来で減少数、減少率ともに本土復帰以降で最大となっています。
5月は新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出自粛が呼びかけられるなか国内客が92.2%減少したほか外国客は国による入国制限措置により4月に続きゼロとなりました。
6月についても航空便の運休や減便に加え入国制限措置の継続により厳しい状況が続くと予想されています。
一方で県は新型コロナウイルスの再流行が無ければ国内客から徐々に回復するとみていて水際対策を図りながら観光振興を進めたいとしています。

関連ニュース