RBC 琉球放送株式会社

応援!18の旅立ち

番組ブログ

2015/11/06 お知らせ

大賞作品決定!「第2回 RBC SFファンタジー大賞」

沖縄から斬新なSF・ファンタジーの短編を生み出し、ラジオの持つ『仮想現実の空間』でそれを表現し、新たな才能とラジオの可能性を広げたい…。そのような想いを込めて昨年からスタートした「ぐしけんパングループふくらしゃプレゼンツ RBC SFファンタジー大賞」。第2回を迎える今年は、県内外から94作品の応募があり、その中から、大賞・優秀賞が決定しました。

★大賞

「靴跡の雪」  小林栗奈さん

概要: 靴職人の彩夏は、ある雪の日、一人の青年と出会う。青年は、子どもの頃に失くした

青い靴を探しているという。彩夏は青年のために靴をつくるのだが・・・。

 

★優秀賞(2作品)

「証(あかし)」  新里健一郎さん

概要: 「今日は一つだけ君の話を聞く。そして、次の話は三日後に聞く」

現役女子高校生の秋川恵は、メールで同級生の長門を呼び出し、悩みを聞いてもらっている。

崩壊した家族、つれない恋人・・・話をするうちに恵は自分の中にある記憶を思い出していく。

 

「スターライトパレード」 國吉優紀さん

概要: 内向的で口数も少ないため、飲み会の連絡もまわってこないほど、存在感の薄い知希。

ある夜、目の前に、知希が密かに好意を寄せる千彩子そっくりの宇宙人が現れる。

 

★審査員特別賞

「小人(こびと)」  與那覇琢さん

概要:石川泉が、いつものように仕事を終え、いつものように帰路につき、いつものように部屋の電気を

つけ、 いつものように缶ビールのフタに手をかけようとすると、リビングの中央に30センチほどの小人がいた。小人は何かを探していている様子で、見つからないととても悲しい顔をするのだ。泉は、いつしか小人の願いをかなえたいと思うようになるのだが・・・・

 

ぐしけんパングループ ふくらしゃプレゼンツ

RBC SFファンタジー大賞(2015) 

★★★ ラジオドラマ OA決定! ★★★

 

2015年12月19日午後1時30分~   RBCiラジオ(AM738)でオンエア

タイトル「靴(くつ)跡(あと)の雪(ゆき)   原作:小林(こばやし)栗奈(くりな)    

 

そして!2015年はラジオドラマを前に優秀賞2作品をRBCアナウンサーによる朗読で放送します!

★2015年11月16日(月)夜8時 RBCⅰラジオスペシャル

國吉優紀 著「スターライトパレード」

★2015年12月7日(月)夜8時 RBCⅰラジオスペシャル

新里健一郎 著「証(あかし)」