RBC 琉球放送株式会社

海と日本PROJECT in沖縄 THE NEWS

夏休みドラマスペシャル
『アンマー』JNN九州沖縄共同企画

キャスト

  

幸子役:沖直美、真悟役:嘉人、プロデューサー木村役:宇梶剛士
吉田妙子、犬養憲子、石垣勝治、増井林太郎、上原尚子、大城保、津波竜斗

作品について

かりゆし58の不朽の名曲“アンマー”をモチーフとした母と子のオリジナルストーリーが完成しました。
2006年。インディーズとしては異例の日本有線大賞新人賞を受賞した沖縄出身のバンド“かりゆし58”。
受賞曲の「アンマー」が多くの共感を呼び、大ヒット。リリースから10年以上たつ今でも、世代を超え、
幅広く愛されています。
「アンマー」で唄われている母と息子の“繊細で深い絆”。
その普遍的なテーマにインスパイアされた映像作品が沖縄県・名護市を舞台に、完全“オリジナルストーリー”として生まれました。是非、大切な人とご覧ください。

<かりゆし58 前川真悟さんからのコメント>
『アンマー』という曲が、誰かにとって創作の母になっている事、ひとつの楽曲をきっかけに新しい作品や物語が生まれるというのは本当に素晴らしい事だと思います。
今回のドラマは、我が子のように愛おしい存在です。
制作に携わった全ての方々に心から感謝と敬意を表します!
この作品が1人でも多くの人に可愛がってもらえるように願っています。

あらすじ

沖縄そば屋さんで働く幸子は、女手ひとつで、息子の真悟を育ててきた。
30歳を過ぎても定職につかない真悟。20代の頃は“サニー”というバンドでボーカルを務め、地元の名護ではちょっとした人気者だった。
一時はメジャーデビューを夢見て上京するも、島に戻り完全に目標を失っていた。
そんな2人のもとに、東京からある音楽プロデューサーが訪ねてきた…

劇中歌について

今回劇中で主人公が歌う歌はこの作品のために、沖縄県内で映画音楽のプロデュースなどを手がける迎里中さんが作曲。
歌詞は、かりゆし58の前川真悟さんが作品の台本を読んで書き下ろした、完全オリジナルソングです。
制作時間のない中、撮影ギリギリまで粘ってレコーディングした力作です。

<かりゆし58 前川真悟さんからのコメント>
作詞のみで楽曲制作に関わるのはこれまでになかった事なので、作曲者の方と親権を分かち合える喜びを初めて経験させていただきました。
我が子を愛する両親ってこんな感じなのかなって思いました。


 

放送時間

8月5日(日) 16:00~16:54

番組ブログ